目隠しフェンスを取り付けるのに激安な業者は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルミ製目隠しフェンス

目隠しフェンスを頑張ってDIYで作って見よう!
そんな方も多いのではないでしょうか。

 

外から家の中を見ることができないようにしたい!そう思ったら目隠しフェンスの設置がおすすめですよね。

 

目隠しフェンスがあれば、無理にのぞかない限りは外から家の中が見えることはありません。

 

外から家の中が丸見えになると生活しづらくなりますので、この悩みを持つ場合は目隠しフェンスの設置を検討しましょう。
目隠しフェンスがあれば家族も安心ですよね。

 

目隠しフェンスはどんなフェンスを選ぶか、またどのくらいの長さのフェンスを設置するかによっても費用がことなります。

 

平均相場としては1メートルあたり10000〜20000円となっています。

 

ただこれは安い素材を使った目隠しフェンスの場合。

 

ウッド調の目隠しフェンスなどは素材が非常に高く、40000〜80000円にもなることもあります。

 

目隠しフェンスの素材によって大きく価格がことなりますので、予算に応じて目隠しフェンスの種類を選ぶと良いでしょう。

 

一番安価な目隠しフェンスの素材はアルミです。

アルミ製目隠しフェンス

 

アルミのものは見栄えはそこまで良くないものの、ある程度の耐久力はありますし、目隠しとしてもしっかり機能してくれます。
そのためなるべく安価で済ませたい場合はアルミの物を選びましょう。
価格を重視する場合は施工費を安くしてくれるところを選ぶことも大切です。

 

目隠しフェンスを立てるのに必要な高さはどのくらいが良い?

アルミ製目隠しフェンス

一軒家を持っている人に取って悩みとなるのが、外から家が丸見えになってしまう事ではないでしょうか。
特に歩道や車道に面している場合、塀が低かったりすると家の中は丸見え。
よく晴れている日でも一日中カーテンを閉めておかなければならなくなるので、それでは快適な生活を送れませんよね。
そんな時に役立てたいのが目隠しフェンス。

 

塀の上に設置することで目隠しになるので、土地内にはいらない限りは家の中を見ることができません。

 

では目隠しフェンスを立てるなら、どれくらいの高さが必要なのでしょうか?

 

目隠しフェンスなどは最大で3メートルほどまでは対応できるといわれています。

 

しかし3メートルとなるとかなり高く、圧迫感があるので見た目的にもよくありませんし、住んでいる身としてもすこし息苦しいかもしれません。

 

 

また2メートル以上でもかなりの高さがありますので、必要最低限の高さに抑える事がおすすめです。

 

 

歩道や車道に面している窓などの高さに合わせて、目隠しフェンスの高さを決めましょう。
窓全体が隠れなくても、窓の3分の2程を隠すことができれば多くの人は家の中を見る事ができないと思います。
1.5〜2メートルの範囲内で、窓に合わせて目隠しフェンスを設置しましょう。
そうすれば圧迫感を感じることなく、家の中を上手に隠すことができます。

 

目隠しフェンスを自作するのって実際どうでしょうか?

目隠しフェンス準備

周囲を囲む長さだけフェンスの材料は必要です。

 

しかも、素人が初めてフェンスを作るのですから失敗はつきもの。
塗装の失敗、寸法の間違いなども当然出てくるでしょう。。

目隠しフェンス失敗

 

万が一、うまくいかなくて防犯面で心配になることもあるかと思います。それだと家族も心配ですよね。

目隠しフェンス 防犯

 

なので出来ることならリフォームのプロに任せるのをおすすめします。

 

 

目隠しフェンスを設置するのにおすすめの業者探しならこちら

目隠しフェンスの設置するを検討する場合、リフォーム業者を探すなら近くのショールームなどに足を運ぶのもいいでしょう。
そこで営業担当の人に説明を受け、見積もりをもらっていくらになるのか見てみるのがオーソドックスです。

 

しかし、なるべく費用を抑えたいですよね。
目隠しフェンスの設置を抑えるには、本体の価格を下げる、目隠しフェンスの工事費用を下げなければいけません。

 

そのためには数多くのリフォーム業者から見積りをもらい、どこが安いのか比較することが重要です。

 

1社のみにしてして相場が分からず、費用をやたらと高額請求されるのも心配ですよね。
ちなみにメーカーショウルームの見積は目隠しフェンス本体は定価でしか出しません。メーカーで見積すれば安くなると思われがちですが、メーカーは本体部品を売るのが仕事です。
そこでおすすめなのがリフォームの一括見積サイトです。

 

 

リフォームの場合、適正な価格やプランの善し悪しは、複数社の案を見比べてることで色々分かってきます。

 

なので複数社からリフォームの見積もりをとり、比較検討してから依頼先を決めるようにしましょう。

 

そこでおすすめなのがここで紹介するリフォーム一括見積サイトです。

 

 

複数社の比較検討が一度の入力で効率的にでき、信頼性も高いので近年利用者が増えています。

リショップナビ

パソコンから希望の箇所、予算などを入力すると、要望に合った会社を複数紹介してくれます。

 

見積りが出たあとは価格や内訳、プラン、担当者の対応などを比べ、最終的な依頼先を決めます。

 

複数社を比べて一番納得できる1社を選ぶ方法べば満足のいくリフォームにもつながります。

 

リフォーム一括見積サイトでは、厳しい審査基準をクリアした地元の優良会社のみを紹介してくれます。

 

目隠しフェンスの設置を検討している方は一度一括比較サイトを利用してみましょう。

 

 

↓無料でできるリフォーム業者の一括見積はこちら↓

リショップナビ

 

 

 

目隠しフェンスを設置するには一括サイトで見積もりを取るのが得策

目隠しフェンスの設置を考えている人はネットでリフォーム業者のサイトを色々とみていると思います。その中にリショップナビというサイトはあります。

リショップナビ

 

リショップナビには数多くのリフォーム業者が登録しており、サイトを利用することで業者を紹介してもらえるサイトです。

 

【リショップナビの利用手順はこちら】

 

リショップナビの利用方法

↓まずは、お名前、電話番号など必要項目を入力します。

リショップナビの利用方法

↓リフォームする物件の住所を記入します。

リショップナビの利用方法

↓どのような目隠しフェンスにしたいのかを具体的に書いてください。

リショップナビの利用方法

見積り内容を確認したら依頼の送信ボタンを押します。

リショップナビの利用方法

これで送信は完了です!

リショップナビの利用方法

↓数分で確認に本人確認のためにショートーメールが届きます。これで正常に送れました!

リショップナビの利用方法

 

 

 

リショップナビは複数の業者の見積もりを一度で取ってもらうこともできますので、一つ一つの業者にお願いする手間も省けます。
一つのサイトでリフォーム業者を決めることができるのでとても便利が良いですよね。

 

見積りは無料ですし、どのくらいの費用でできるのか分かりますので、とりあえず申し込んでおいた方がお得です。
リフォームがまだ検討段階でもメリットは多ので、とりあえずリショップナビを利用してみてはいかがでしょうか。30秒ほどで入力は終わります。

 

↓安い業者を探したい方はこちらから↓

目隠しフェンス